2018年1月13日土曜日

ThinkPad X280が発表された

ThinkPad X280が発表されました。

大きな変更点としては、以下の通り。
  • 有線LAN端子が無くなった
  • 充電端子がUSB Type-Cのみになった
  • 内臓バッテリーのみになった
  • SDカードスロットが無くなった
  • 「ThinkShutter」と呼ばれるWebカメラの蓋ができた

X270では専用の充電端子とUSB Type-Cかの両方が用意されていました。USB Type-C採用の機器が増えていることから、わざわざ専用の充電器を持ち歩く必要もないため、USB Type-Cだけでも十分です。

USB Type-C搭載でモバイルバッテリー等からの充電も可能なため、内臓バッテリーだけでも問題はないでしょう。ThinkPadなので自分で分解して交換も容易だと考えられます。

SDカードスロットも特に必要性は感じられません。

有線LAN端子がなくなったのは少し不便に感じますが、時代の流れでしょうか。


2018年1月7日日曜日

crontabのエディタを変更する

cronの設定を変更する際、"crontab -e"コマンドを実行する。エディタが起動し、設定ファイルを編集することができる。

このとき起動するエディタは、システムのデフォルトのエディタが起動する。

デフォルトのエディタは環境変数$EDITORに設定されおり、これが参照される。

デフォルトのエディタを変更したい場合は$EDITORを書き換える。

一時的にエディタを変更したい場合は、以下のようにする。
$ EDITOR="/usr/bin/vim" crontab -e

UbuntuやDebianでは$EDITORが設定されておらず、以下のコマンドで設定する。
$ sudo update-alternatives --config editor

このコマンドでは、デフォルトエディタへのシンボリックリンクが/usr/bin/editorに作られる。

$EDITORは更新されないため、以下のように設定する必要がある。
$EDITOR="/usr/bin/editor"