2015年4月7日火曜日

MOMO7WでUbuntuを動かそうとした

MOMO7W買ってちょっといじってみました。

簡単なスペックは

CPU:Intel Atom Z3735
eMMC:Toshiba 016G93
MicroSDドライブ:SA04G
WLAN/BT:Realtek RTL8723BS

OSはWindows 8.1 Update。WIMBootで容量が削減されてます。

WIM Bootは起動の度に回復パーティションからWIM内のファイルを読み込ませることで速度を犠牲にしながら容量を削減できるWindows 8.1 Updateからの新機能。

回復ドライブをUSBメモリなどに移してそこからリカバリしてブートができるのか分からないので、本体ストレージのパーティションは触らないことにします。
キーボードを接続してESC押しながら起動でUEFI画面に入れます。

まずUbuntuを動かせるかどうかやってみます。

SDドライブからのブートができないのでUSBメモリにUbuntuを書き込む。

EFI Shellから/EFI/BOOT/BOOTx64.EFIを実行。

結果、Error reported: Unsupportedでなぜか起動できない。

同様にWin10TPでも試してみましたが駄目でした。

もしかしたらダイソーで買ったUSBハブが駄目だったかも?

入ってるWindowsが32bitなのがちょっと気になるけど64bitの最低要件はRAM2GB。

UEFI画面見てみるとDIMMスロットが1つ空いてるっぽいけどAtom Z3735の最大メモリが1GBまでなので結局使えないみたい。

ストレージ16GBしかないしWIMBootでパーティションがめんどくさいことになってるのでタブレット買うならRAM2GB、ストレージ32GB以上のものを買いましょう。

2015年4月2日木曜日

Ployer MOMO7Wを買った

秋葉原の東映無線ラジオデパート店で8980円でした。

MOMO7w - 普耐尔官网

付属品は説明書とOTGケーブル。





それとお店からサービスで電源アダプタ付き


モデルはANU-050200A、2A出力。

HDMI出力、イヤホンジャック、充電兼OTGホストのMicroUSBポート

スペックは
OS:Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU:Atom Z3735G
RAM:1GB
ストレージ:16GB

ディスプレイのネイティブ解像度が1024x600だけど標準で1280x768になっててちょっとつぶれて見える。おそらくメトロアプリを起動するための最低解像度を満たすための暫定的な措置だと思われます。1024x600に設定したら綺麗に映る。

Windows 10 TPでは1280x768以下でもメトロアプリが起動するので問題なさそう。

Office 365が付属するけど1年限定だしOffice Onlineもあるし即アンインストール。日本語パックダウンロードして日本語化、Windows Updateして空き容量は3.2GB。

スペックの割にはキビキビ動く。PT3で録画したフルHD動画も余裕で再生できた。

ネットサーフィンくらいには使えそう