2014年7月16日水曜日

Windows 9ビルドが流出、スタートメニュー復活、デスクトップ上でメトロアプリ動作

Windows 9ビルドが流出、スタートメニュー復活、デスクトップ上でメトロアプリ動作

この数日間にわたり、Windows 9 (Threshold)の初期ビルドのスクリーンショットが流出している。最も注目すべきは、4月のBuild conferenceで発表された復活したスタートメニューが含まれていることだ。別のスクリーンショットには、デスクトップ上でメトロアプリがウインドウ起動しているのが分かる。この流出したスタートメニューは4月に発表されたものと同一に見えるが、スタートメニューのメトロ部分は現在のWindows 8と同じようにカスタマイズされているところが違っている。
この混在したスタートメニューはbuild 9788で、7月4日にコンパイルされた。build 9788のISOはまだ流出していないが、このビルドはMicrosoftに実際に存在していると思われるが、新しいWindows NT 6.4カーネルかもしれない(完全なバージョンは6.4.9788)。このスクリーンショットにはWindows8.1Proのウォーターマークが入っているが、Windowsの初期ビルドには珍しいことではない。これが本物であるならば、次バージョンのWindows NTカーネルで、Windows 9 (Threshold)かWindows 8.2の初期ビルドの可能性が高い。
流出したWindows 9 build 9788スクリーンショット、混在したスクリーンショットが復活している
復活したスタートメニューはかなり平凡で、4月のMicrosoftのスタートメニューデモと同じだ。スタートメニューの左部分はWindows 7のものと同じように見え、右部分は小さいスタートスクリーンに似ている。スタートメニューはどの程度カスタマイズできるかの情報はないが、おそらくライブタイルの移動、サイズ変更くらいはできるだろう。多くの人々はむしろWindows 7スタートメニューの右側に、強制的にライブタイルを保持することも驚かないと思う(Microsoftは全てのOSに対して未だにメトロUXで統一しようとしている)。
流出したWindows9 build 9788のスクリーンショット、PC設定のメトロアプリがデスクトップ上でウインドウ表示されているのが分かる
他のスクリーンショットでは、メトロPC設定(コントロールパネル)がデスクトップでウインドウで動いているのが分かる。私の考えでは、スタートメニューの復活よりもはるかに重要な変更だと思う。この変更は、実際にはメトロアプリを避けるのではなくマウス・キーボードユーザーへの対応だと考えられる(MicrosoftはWindows 9のメトロアプリでキーボードショートカットが使われることが増えると想定している)。
そしてこれは待望のデスクトップの何もないbuild 9788(Windows 9?)のスクリーンショット
Thresholdと呼ばれるWindows 9は2015年春にリリース予定で、おそらく次のビルド会見で発表されるだろう。最近では複数のSKU(バージョン)に分けられると予想されており、少なくとも一つのSKUではマウスとキーボードでの使用がメインになるだろう。おそらくこのバージョンはデフォルトでデスクトップで起動し、メトロアプリはウインドウ表示されるだろう。そして、Windows、Windows Phone、Xboxでの統一したエクスペリエンスは継続されるだろうが、Microsoftの公式情報が発表されるまでは憶測する必要はない。
2015年まで公式なスタートメニューが待てないならば、それまでサードパーティ製の優れたスタートメニューを使用しよう。

2014年7月9日水曜日

iPhoneのシャッター音を世界標準に

panguでiOS7.2.1が脱獄可能となったので早速脱獄しました
とりあえずやることといえばシャッター音の無効化です
iPhoneは本来、通常時にはシャッター音が有効に、マナーモード時にはシャッター音が無効になります。
ですが、日本とカンボジアだけはシャッター音が常に有効になっています。理不尽な話です。
脱獄しているならばOS内部の改変が可能なので世界標準に変更しましょう。
この変更はカメラのシャッター音、動画撮影の開始・停止音、スクリーンショット撮影時のシャッター音にも有効です。

まず、CydiaからiFileをダウンロード。有料アプリですが右上のインストールを選択することで無料の機能限定版がインストールされます。
iFileから /System/Library/RegionFeatures/RegionFeatures_iphone.txt
J 0x00000019 ; SHUTTER(0x08) TVNTSC(0x10)

J 0x00000011 ; TVNTSC(0x10)
に変更
/System/Library/Frameworks/MediaToolbox.framework/RegionalSystemSoundsThatShareBehaviour.plistをプロパティリストビューアーで開き、
Jの中を全部削除。
再起動すると設定が反映されます。

iPhone 5s iOS 7.1.2で脱獄成功

iOS7.1.2で脱獄可能なツール「Pangu」がリリースされていたようです。
http://pangu.io
対応機種はiPad/iPad Air/Mini、iPhone5s/5c/5/4S/4、iPod Touch
対応iOSは7.1から7.1.xと書かれています(?)

脱獄作業のほうは画面の通りに進めていけばよいですが、今までと違うことが一つ、
途中で操作を促されるので、設定から時刻の自動設定をオフにし、日付を2014/6/2に設定します。タイムゾーンは変更しなくても大丈夫です。
途中、自動で再起動するとホーム画面に「Pangu」が追加されるので起動。
これで放置すると脱獄が完了し、Cydiaが追加されます。

2014年7月5日土曜日

マイクロソフト、次期Windows『Threshold』に新スタートメニューを導入。スタート画面を置き換え

マイクロソフト、次期Windows『Threshold』に新スタートメニューを導入。スタート画面を置き換え
http://japanese.engadget.com/2014/07/04/windows-threshold/
マイクロソフトが4月の開発者イベントBuild でチラ見せした新生スタートメニューは、次期Windows メジャーリリース『Threshold』の目玉のひとつとなるようです。
マイクロソフトはWindows 8 からライブタイルが並ぶ全画面の「スタート画面」を導入し、Windows 7 までの「スタートメニュー」を取り除いたのはご存知のとおり。アップデートでデスクトップにスタートボタンは復活したものの、押して開くのはスタートメニューではなく、やはり全画面のスタート画面でした。
4月のBuildカンファレンスでは、従来型のスタートメニューのなかにライブタイルが含まれたハイブリッドな新スタートメニューがプレビュー公開されましたが、あくまで開発中のプロトタイプの位置付けであり、導入時期も公式には明らかになっていません。
この新スタートメニューについては、Windows 8.1へのアップデートになるのか、さらに先の次世代Windows 『Threshold』(開発コードネーム)まで持ち越されるかは分からないものの、おそらくデスクトップ環境用のオプションとして導入されるのではないかと考えられてきました。
しかしWindows関連インサイダー情報の古参 Paul Thrrott 氏がマイクロソフト内部のソースから得たとして伝えるところでは、この新スタートメニューは Threshold の目玉仕様のひとつとして、現在のスタート画面を置き換える形で導入される見込みとのこと。
いわく、スタート画面とスタートメニューのどちらかを選ぶのではなく、新スタートメニューは両者を兼ねるカスタマイズ可能な新UIとして導入される予定。マイクロソフトが公開したプロトタイプはポップアップ式のスタートメニューにライブタイルが追加されたような見た目でしたが、タイルの代わりにリストだけでアプリ一覧を追加することも、逆にタイルを増やして全画面スタートメニュー的な使い方もでき、タブレットやデスクトップなどPCの種類に応じて変化するものとされています。
Windows 8世代ではわざわざスタートメニューを取り除いてまでスタート画面を強制した挙句、また次のThreshold (開発名)では新生スタートメニューを売りにするとはいかにも一貫性がありません。しかしもともとマイクロソフトは、メジャーリリースごとに乗り換えるとは限らない Windowsでは特に、不評なバージョンが出るとあっさり方針を切り替えて次で挽回を試みることを繰り返してきました。好評だったWindows 7 も、絶不評だった Windows Vista とほとんど変わらない中身のまま最適化と UI の洗練を施したバージョンです。
実際、前述の Thurrott 氏ソースでも、また業界きってのマイクロソフト番として知られる Mary Jo Foley 氏 (参考リンク先) がマイクロソフト筋から得た情報として伝えるところでも、マイクロソフト内部では Windows 8 を「Windows Vista 2.0」的な失敗作として認め、次のWindows Threshold ではできるだけWindows 8と距離を置くことで Windows 7からの乗り換え層の取り込みを狙っているとのこと。
具体的には、8の行き過ぎたタッチファーストで失ったデスクトップ(キーボード&マウス)ユーザーからの信頼を取り戻し、一貫性を保ちつつ入力方法によって最適な操作に切り替わる UI を導入する計画です。スタート画面の代わりに導入される新スタートメニュー(仮)もこの一部と考えられます。

なお、現時点で大方のソースで予測が一致している今後のリリーススケジュールは、
  • この夏に Windows 8.1へのアップデートを提供。更新点は少なく、Update 1のように命名されるか、比較的さり気ないレギュラーアップデートになるかは不明。すでにほぼRTM(完成)と思われる。
  • この秋に、次期Windows である Thresholdをプレビューリリース。正式名が Windows 9 になるか、8からの連続性を断つ意味でまた別の名前になるかは不明確。新スタートメニュー(こちらも正式名不明)に加えて、Metro / モダンUI アプリのウィンドウ内起動もサポートする。
  • 2015年春に次期 Windows Threshold 正式リリース。
となる見込み。

Threshold関連の未確認情報としては、Thresholdではデスクトップやフル機能タブレット向けと、携帯電話や小型タブレット向けで別のエディションが用意され(あるいは動作が変わり)、小型タブレットではデスクトップがなくなるという話もあります。
たとえばWindows関連のリークでは比較的信頼できる Neowin では、小型タブレットでのデスクトップ廃止を補う役割としてフルタッチ対応の Office (開発名 Gemini) を導入予定としています。いわく、タッチ対応 Office がマイクロソフトの中核アプリであるにもかかわらず最初は iPadに、次におそらくAndroidタブレット、最後にWindows という順でリリースされるのは、コードネーム Gemini として知られるタッチ対応 Office をThresholdと同時にリリースするため。
この「小型タブレットでデスクトップ廃止」は仮に正しいとして決定事項なのかも不明ですが、マルチタスクやアプリ間連携を強化するため、複数アプリを画面分割で使う Snapも 8.1からさらに進化するとされています。
Thresholdにスタートメニュー搭載確定っぽい?
Windows8.1は見捨てた感じかな?

2014年7月4日金曜日

Windows 9ではデスクトップ画面とスタートメニューが復活

Windows 9では標準のデスクトップ表示とスタートメニューが帰ってくる?
http://www.gizmodo.jp/2014/07/windows_9_1.html

Windowsの先祖返りが続きそう。
海外ニュースサイトのGEEKは、「2015年にも登場するWindows 9はデスクトップ画面がデフォルトで表示され、さらにスタートメニューも復活する」と伝えています。
ただし、スマートフォンやタブレット、その他の複合デヴァイス向けには変わらずタイル状のモダンUIがデフォルトで表示されるそうです。でも面白いのが端末の形状によってWindows 9は動作を変更する可能性もあるそうですよ。たとえば、タブレット端末のSurfaceにType Coverを装着した時はスタートメニューが表示されるなど。
現在のWindows 8.1では起動時のデフォルト画面はモダンUIですが(設定で変更可能)、このインターフェイスはマウスやキーボードでの操作にあまりマッチしていない、と声もありました。好みもあるかと思いますが、WindowsのUIを今後どのように変えてくるのか注目です。
Win8.1でもスタート画面でタッチパネルとマウスでは挙動が違うしあり得そう?

2014年6月29日日曜日

7月にWindows 9と8.1 Update2発表か?

Windows 9と8.1 Update 2が7月にお披露目されるかも
次世代Windows、どうなるんでしょう?
Windows関連のリークで実績のあるWZorによると、Windows 8.1 Update 2が来月13日〜17日に開催される Worldwide Partner Conferenceで発表されるそうです。さらに、次期Windows(Windows 9、コードネーム:Threshold)のデモも 披露されるんだとか。
RT @WZorNET: Windows 8.1 Update 2 will be announced during Microsoft WPC 2014 July 13-17 Win 9 beta will be probably presented same time.
by WZT
一方、Windows 8.1 Update 2やWindows 9でどのような変更が行なわれるのかは、まだはっきりしません。今の ところ流れている情報は、Windows 9ではスタートメニューが復活するというもの。Windows 8.1のアップデートで実装さして欲 しい気がします。
Windows 8はリリース時に搭載PCの販売の苦戦が伝えられたのですが、Windows 9はいったいどうなるんでしょ うか? XPのサポートも4月に終了したことですし、何か大きく変わるものがあるかもしれませんね。
果たして8.1 Update2にスタートメニューは実装されるんですかね?

2014年6月17日火曜日

Windows 8.1 Update 2 スタートメニュー復活は中止?

「Windows 8」でのスタートメニュー復活はおあずけ?--情報筋 - CNET Japan
 Microsoftは結局、「Windows 8.1 Update 2」にWindows 8用の新しいスタートメニューを実装しないようだ。
 これまでWindowsについて信用に足る情報を提供してきてくれた複数の情報筋が、最近の計画変更に関するこの話を筆者に教えてくれた。
 Microsoftは最近まで、「ミニ版」のスタートメニューをWindows 8.1の2回目のアップデートであるWindows 8.1 Update 2に入れ込もうとしていた。同アップデートは、(私が直近に聞いた話では)現在でも2014年8月に提供される予定だ。
 MicrosoftのOS部門は、自社製のスタートメニューの提供をWindowsの次期大型リリース「Threshold」まで提供しない決断を下した。「Windows 9」と呼ばれるのかは定かでないが、Thresholdは2015年にリリースされる予定。時間内に機能が完成しないためなのか、他に理由があるのか、計画が変更された経緯は分からない。
 Microsoftが開発する新しいスタートメニューは「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」のものとは異なるものになる。共通点もあるが、Windows 8のMetroスタイルの画面コンセプトに沿ったものになる。市場には Stardock Pokki Windows 8 Start Menu など、サードパーティーが開発したWindows 8用のスタートメニューが複数存在している。
 Microsoftのユニファイドオペレーションシステムグループを統括するエグゼクティブバイスプレジデントTerry Myerson氏は4月初めにMicrosoftが開催した「Build Developer Conference」でスタートメニューのモックアップを披露し、スタートメニューを「次の版の」Windowsで利用可能にすると述べた。同氏はこれがWindows 8.1 Update 2なのか、Thresholdなのかは明示しなかったが、4月に漏れ聞こえた話では、同社の中ではUpdate 2に機能を実装する予定だったという。
噂に過ぎないものの、期待の大きかったスタートメニュー復活の見送りは残念ですね。メトロアプリのウインドウ表示くらいは実現してもらいたいです。

2014年5月16日金曜日

変動するグローバルIPにDDNSを設定する

先日実家に帰省した際、テレビ東京のガンダムUCの一挙放送を耳にしました。録画予約をしようと自宅PCに接続しようと試みたのですが、IPアドレスが変わっており、接続することができませんでした。それまでは、ルータ常時接続だったので特に変動することはないだろうと思いこんでいました。
一般的に、外出先などの宅内LAN外から自宅のパソコンに接続する際にグローバルIPを指定します。ですが、グローバルIPはモデムやルータの再起動などで変動してしまうことが多く、その度にIPアドレスを設定しなおすのは面倒です。そこでDDNSの設定をしましょう。
  1. DDNSとは

    まずDDNSとは、動的に割り当てられるIPアドレスと、そのホスト名の対応を、動的に登録・管理する仕組みです。これにより、そのホスト名に接続するだけで自宅などの登録したIPアドレスに接続することができます。
  2. DDNSの仕組み

    まずDDNSサイトに登録し、ホスト名を取得します。そのホスト名にグローバルIPを変動するごとに登録していくのですが、これにはいくつかの方法があります。
    • サイトから手動でIPアドレスを入力する方法
      一般的ではないですが応急処置として設定できます。
    • DDNSクライアントソフトの使用
      PC上のクライアントソフトから自動でIPアドレスを登録することができます。これが一般的で、大半の環境で使用できますが、IPアドレスの更新のためにPCを立ち上げる必要があります。
    • ルータのDDNS機能を使う方法
      これはルータにより非対応だったり、有料DDNSしか対応していなかったりしますが、PCの起動が不要です。本稿ではこのルータのDDNS機能を使用する設定について記述していきます。
  3. ルータのDDNS設定

    私は、FONERA 2.0nを使用しているため、これを例に挙げて説明しますが、設定項目などは大半のルータで共通だと思います。
    1. DDNSの登録。
      ルーターが対応しているDDNSサービスに登録します。ここではFonera 2.0nが対応していて無料であるnoip.comを使用することにします。
      まずNo-ipのサイトからSign Upをクリック。Username、Email、Passwordを入力、そしてHostnameに自分の使用したいホスト名を入力します。.以下のドメインはFreeの項目が無料で利用できます。
      入力し、Free Sign Upをクリックすると登録メールが届き、URLをクリックで登録完了です。
    2. ホスト名の取得
      登録が完了したらまずログインしましょう。No-ipのサイトから Sign In をクリックし、登録したEmail、Passwordを入力してログインします。左上の Hosts/Redirects をクリックすると、Manage Hosts画面が開きます。この画面から登録済みのホスト名などの管理が行えます。既に登録してある場合はc.に進みます。
      Add A Hostをクリックし、ホスト名登録画面を開きます。
      • Hostname: 利用したいホスト名を入力、ドメインは先ほどの登録と同じように No-IP Free Domains が無料で利用できます。
      • Host Type: 初期のDNS Host(A)を選択。
      • IP Address: 自身のグローバルIPを入力します
      入力が完了したら Add Hostをクリックしてホスト名の取得が完了です。
    3. ルーターのDDNS設定
      まず、ルーターの設定画面のDDNS画面に入ります。FONERA 2.0nでは http://fonera/ で設定画面、ダッシュボード>設定>DDNSにあります。
      Fonera 2.0nではこんな画面。ここで先ほど設定した項目を入力していきます。
      • p有効: 有効を選択でDDNS機能の有効化。
      • サービス: DDNSサービスの指定。ここではno-ip.comを選択。
      • Domain name to update: 登録したホスト名を入力
      • IP address to send: Use Fonera internet IPでグローバルIPを変動するごとに登録。
      • ユーザー名: メールアドレスやユーザーIDなどを入力。
      • パスワード: パスワードを入力。
      入力完了後、保存をクリックで設定が保存されます。
  4. 最後に

    設定が完了したら動作確認をしましょう。試しにルータを再起動してIPアドレスを変動させます。No-ipのサイトのManage Hosts画面を開くと、IPアドレスが更新されていることが分かると思います。この設定を行うことで、外出先などから自宅PCへの接続が容易になりますが、一部WakeOnLanなどのソフトウェアなどではIPアドレス形式の入力しか受け付けられないので注意が必要です。

2014年2月24日月曜日

PS4購入

新宿のヤマダ電機で予約してたPS4受け取ってきた。





Watch Dogsも発売延期になったしMGSV:GZまであと3か月あるししばらく放置かな